アクセスカウンタ

<<  2011年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


2011セプコンレポ3日目〜岩国フジグラン

2011/09/17 23:44
2011セプコン広島最終日は9/17の岩国会場でした。
岩国会場レポは、出演者でもあったセイウのakiちゃんのレポでお届けします。

-----------------------------------------------------------------------

9/10、11日と連日有意義に、そして楽しく開催出来た2011年セプコン。
何となく満足感が漂っていたせいか、17日最終日は屋外で予定していたにも係わらず、雨模様。屋内での開催となりました。
今回、初めてお邪魔する「岩国フジグラン」。お店に集合したら、既にお店の方の心暖かいご協力で、ステージ作りがほとんど済んでいました。「3.11 9.11 がんばろう日本 セプテンバーコンサート」の手作り垂れ幕をステージに掛けて下さっていたり、客席用の椅子もセッティングしてくださっていたり。その上、抽選会を企画して下さり、商品を無償で提供します、という憎い演出まで!本当に楽しく行うことが出来ました。
その事もあわせてレポートさせていただきます(^-^)

♪Harbor Seal
画像

トップバッターは“某”水族館にお勤めの3人組。8月に改装オープンした“某”水族館は連日大盛況だそうで、多忙な中、予定を組んで参加してくださいました。伸びやかな響く声で歌われた馴染みのある「風」「三日月」「good-bye days」などを3人で歌い分けしながらしっとりと聴かせてくれました。水族館で、色んな人にお話する機会が多いのか、MCでのお話の仕方が聞き易かったです。

♪フナムシ
画像

本日急きょ出れなくなった出演者に代わって、司会の船倉さんと虫博士こと花見堂さんのお二人の即席ユニット、その名もフナムシ。
ゆずやコブクロにも勝るとも劣らない(というのはちょっと言い過ぎ?)、心の歌を届けてくれました。
このユニークなゆるいユニット、また見てみたいです。(Byマリ)

♪心愛
画像

今日は1人での参加となった現役女子高生リサちゃん。思いっきり歌に対する思いを表現して弾き語りをしてくれました。就職活動の面接練習の合間をぬって作った、出来立てホヤホヤの、被災地の人たちや平和への思いを綴った「Believe」などオリジナルを披露。しっかりした話し方で自分の考えを話す彼女に会場からは「すごいねー」と感心する声が上がりっぱなしでした。将来は世界中の人たちに歌を届けたい、と夢も語ってくれました。

♪セイウ
画像

私、アキが相方ギター担当massと組んでいるデュオ。セプコンは5回目の参加です。去年のセプコンから時々イベントに参加してライブをするようになりました。ライブではどんな時も気合を入れていますが、セプコンでは気付くことも多く、今後も参加していきたいと思っています。

♪citrus liqueur blend
画像

ひょいっとどこかへ飛んでいってしまう“トリさん”と、綺麗な声で思いっきり歌うcieraさんのデュオ。2人は岩国駅前で路上ライブをしているそうで、しっかりとした歌声は会場の隅々まで響き渡っていました。「遠く遠く」「ハナミズキ」などに加え、オリジナルも披露。トリさんのコーラスもふんわりとして柔らかい声で、素敵な2人でした。今後もいろんなイベントでライブしていきたい、と熱く語ってくださいました。

♪Sassan
画像

新種のシンガーソングライター、Sassanが2011年セプコンの大トリを飾ってくれました。
彼は色々なところで印象に残るライブをし、サンモールのコンテストなどでも優勝した経験を持つミュージシャンです。11日には呉花CLUBで“夜仕様”のステージを、そして今日は“昼仕様”で登場。「AIRPLANE」「ひとりひとつ」など、心に響くオリジナル曲の数々を披露してくれました。喉の調子が万全ではない状態での参加でしたが、楽しませてくれました。

全ての出演者のステージが終り、フジグランさん提供による抽選会☆
画像

司会の並木さんと船倉さんによる「大・抽・選・会!!」の元気な掛け声で、始まりました。事前に観客のみなさんと出演者に渡しておいた抽選引換券。番号を読み上げる船倉さんは「77」「55」「33」など、不思議なくらいゾロメを引いて、一人でテンションが上がっていました。(船倉さんは「今日パチンコ行ったら勝てるはず!」と言ってましたが、すぐさま並木さんから「今使い果たしてるんじゃないですかね。」とバッサリ切られてました(笑))クッションや、ゼリーとジュースの詰め合わせ、そして秋芳梨という豪華な賞品が、幸運な皆さんに行き渡り、会場も盛り上がり、楽しく抽選会を終えました。

この日は他の会場で出演してくれた方(Takaさん、太陽さん、Sweetさん)や、そのお友達、近くに住んでいる仲間や、お買い物に来た方がステージを観て下さったので、とても良い雰囲気でした。

会場の片付けも皆で協力して早く済みました。
このフジグランで音楽ステージをするのは2度目らしいのですが、音楽好きなミュージシャンが沢山いらっしゃる地域なので、みんなで盛り上げて続けていければいいなと思いました。

2011年セプテンバーコンサート@広島、無事に終了しました。
今回は、小学生や高校生など、思いもよらない方の参加もあり、彼らの世代も参加してもらう機会が増えるかもしれないな、と感じた年でした。
来年もまた、それぞれが想いを持ち合ってセプテンバーコンサートに参加していただけたらなぁと思います。
「一つ一つを拾い集めて握りしめて、嬉しさ楽しさの大きな幸せに変えてまた、何かを誰かに発信していけたら、それが平和へと繋がっていくんじゃないかなと思います。」By船倉さん

皆さん、本当にありがとうございました!!!!!

(写真:花見堂さん 文:akiちゃん)
記事へトラックバック / コメント


2011セプコンレポ2日目〜Ry's BAR 花Club

2011/09/11 23:55
そしてもう1カ所。
9月11日は呉の花Clubでもセプコンの2日目が開催されました。
こちらはまたまた会場主催のMAN3のブログより拝借させてもらいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

THE SEPTEMBER CONCERT 呉 花Club会場 2日目も、無事終了しました。

呉会場の2日間を仕切らせてもらいましたが、ホンマに疲れました(笑)
でも、会場に来てくださったお客さんや、出演したメンバーが、口をそろえて、「楽しかった!」と言ってくれる声を聞いたら、この疲れもムダじゃなかったな〜と思います。

では、2日目を軽くレポします。

2日目のセプコンは、みかりんさんが中心となって実施されとる『いちいちコンサート』と合同開催でした。

最初に、花Clubでセプコンの打ち合わせをした時に、たまたまお客さんとして来られとったみかりんさんが、セプコンのコンセプトに賛同してくださって、いちいちコンサートと合同開催になったんじゃけど、あの日に偶然出会わんかったら、こんなにたくさんの人と繋がったセプコンはできんかったと思います。
ホンマ、ご縁に感謝ですね。


話が逸れましたが・・・w

2日目は、スタート時間が少し遅めの19:15ということもあり、会場入りは、14:00。
会場の花Clubへ着くと、前日の余韻がちょっと残っとりました。

徐々に出演者と機材が集まり始め、花鳥風月のメンバーさんたちを中心に、会場セッティングが進んでいきました。
出演者の皆さんが、積極的に会場設営に精を出して頂いたおかげで、仕切るこちらとしては、すごく楽に準備ができました。

出演ユニット数としては、10日より少ないけど、大所帯のユニットが居る関係で、出演者の人数で言えば、11日の方が多いいぐらいじゃったね。

皆さん、本当によく動くので、リハも淡々と終了して、かなり余裕をがあったんで、会場の周りをうろうろしよったら、Facebookで再開を果たした中学の同級生 伊藤君が来てくれたところへ丁度出くわした。
伊藤君、このライブのために(実際は、もう1つのイベントにも行ったらしいが(笑))わざわざ三次から出て来てくれました!!
開演直前に、なつかしい友達に会えて、俄然テンションUpでした。


ステージは、定刻通り19:15にスタート。

オープニングの『愛燦燦』
画像


すっごいエエ声でした。

そんなエエ声に続いて、俺のソロステージ。

画像

ソロで歌うのは、すごい久しぶりじゃったけど、落ち着いて歌えたんじゃないかな〜と思います。
自分じゃ分からんけどね・・・見てくださった方、どうでしたか?
2曲だけの出演じゃったんですが、気持良く歌わせていただきました。

その後は、楠美月ちゃん(若いのに、めちゃめちゃ心に響く歌唱力の持ち主)、檜垣雅子&MINORI(手話ボーカルのMINORIさんを中心としたグループ。インパクトあります!)、Sassan(一人で全出演者分のパフォーマンスを引きうけてくれたエンターティナー!)、花鳥風月withサウンドシャワー(主婦パワーが終結した大所帯ユニット。人の声は最大の楽器じゃと改めて認識できます)と、『いちいちコンサート』メンバーが、次々出てくれました。

●一人エンターティナー Sassan
画像


●大所帯の花鳥風月withサウンドシャワー
画像



そして最後は、『いちいちコンサート』恒例の、『Restert』と、セプコンのテーマ『You Can〜愛の国』を、出演者で演奏して、長かったセプコン呉会場の2日間のステージは、終了しました。


最後に、、、、

花Clubのマスター Ryoちゃん&スタッフの皆さん
出演バンドの皆さん
会場に来てくださったお客様・Ust中継を見てくださった皆さん
そして、俺(笑)

本当にありがとうございました&お疲れ様でした!!!

(写真と文 MAN3)
記事へトラックバック / コメント


2011セプコンレポ2日目〜LIVE Cafe Jive

2011/09/11 23:50
さてさて、そんなわけで引き続きはセプコン2日目の夜の部その1、LIVE Cafe Jiveレポです。
こちらは私マリがレポします。

広島セプコン1回目からお世話になっている、薬研掘のLIVE Cafe Jive。
Jiveでは5年連続5回目のセプコン開催です。
1回目は全部で11組もの出演者とお客さまでごった返したセプコンも、Jiveスタッフの皆さんや出演者、お客さまのご協力のおかげで、最初から最後まで気持ちよくライブが開催できました。
やっぱり続けるってことの素晴らしさを改めて感じたライブでしたね。

そんなわけで軽くライブレポしてみたいと思います。

17時スタートのJiveセプコンですが、入りは余裕の14時。
というのも、Jiveのドラムセットと上綱さんのキーボードをお借りできたおかげで、ドラムとキーボードは最初から最後まで置きっぱなしで転換することになったのでした。おかげでリハの転換時間も少なくて済みました。
これは結局ライブ本番の転換にもとっても助かりました。

そんなわけでほぼ出演者全員のリハも順調に終わり、開始時間の17時になりいよいよライブスタートです!!
画像

最初に並木ちゃんと私から軽く挨拶させてもらいまして、1組目の出演者の登場です。

♪スナハラトモヤ
画像

まずライブのトップを飾ってくれたのは、ギター弾き語りのスナハラトモヤこと砂原くん。
去年は女性ボーカルとデュオで出てくれた砂原くんですが、今年は1人での弾き語りでした。
リハ直前まで「何歌うか決めてない」って譜面をめくってた彼でしたが、本番はなんのなんの堂々と6曲歌い上げてくれました。甘い歌声と上手いギター。オフマイクでもいいんじゃね?と思うくらいのパワーのあるバラード。でも個人的にはもう10年前からカラオケで聴かされまくってきたセプテンバーが好きです。
砂原くんは最近はいろんなところで弾き語り演奏をされてるみたいなので、ぜひみなさん聴きに行ってみてくださいね。

♪下定トリオ
画像
画像

Jiveのカナちゃんイチオシで今回セプコンに紹介していただいたギターボーカル下定弘和さんはもともとはベーシストとしてご活躍だったそうです。初めて歌を聴かせてもらったんですけど、ちょっとハスキーな甘い声がまた良かったですね〜。「初めてのチュウ」があんなにいい歌だとは知りませんでした。今回はギターの勝部さん、パーカッションのくぼたさんと3人での演奏でした。このトリオでのステージは初めてということでしたが、とっても良かったですね。個人的には3声のハモリがとっても美しくて、うらやましかったです。深い理由はありませんが・・笑)。

♪Peppermint Leaf
画像

そして3番手は我々Peppermint Leaf。今回もまたまたギターの小田原さんにサポート出演していただきました。いや〜楽しかったですね。この編成では、「ギタリストの小田原さんがジャンプをして終わる」というシーンがあるんですけど、皆さん気付いていただけたでしょうか?今回は1カ所ご覧いただけたと思います。(とっても控えめなジャンプですけど。)見逃した方はぜひ11月のワンマンにお越し下さい。しかし11月も小田原さんに出ていただくのですが、このままだとギターがいないと物足りないような気になりそうでコワイです。セットリストなどはまた自分のブログで。

♪佐藤弘之&紫藤博子&マックさん
画像

広島のジェームステーラーこと佐藤弘之さんとシドちゃんこと紫藤さん、そしてお酒大好きのマックさんのコーラストリオ。佐藤さんのギターに合わせて3人のコーラスが力強くそして美しかったです。
「3人合わせて150歳を越える」ってシドちゃんは言ってたけど、いい音楽に年齢や時代は関係ないね。上綱さんが1曲サポートで入っておられましたけど、これで間違いなく200歳越え(笑)。音楽の幅と奥行き、そしてパワーを感じる演奏でした。

♪因幡由紀&小田原政広
画像

広島の歌姫因幡由紀さん。1回目のセプコンに出て下さって、4年ぶりのセプコン出演です。因幡さんが歌うとどうして同じ歌がこんなに愛らしくなるんでしょうというような、妖精のようなウィスパーボイス。小田原さんの優しいギターの音色と相まって、まさに癒されました。1曲終わるごとに会場に溜息が漏れるのが印象的でした。同じ女性としてうらやましいです(笑)。このユニットでのライブは本当に久しぶりだったということですが、またどこかでライブして欲しいですね。

♪sue:col(スイクル)
画像

ソプラノサックス、フルート、ピアノ、ベース、ドラムという編成の和風ジャズグループ。センターの二人の、和(日本)を感じさせるリードをバックの3人がジャズアレンジで支えるといった感じでしょうか。いやとにかくカッコイイ!!の一言ですねーー。リーダーのピアノのAIさんをはじめ、みなさんお話はあまりされない感じのおとなしいメンバーの皆さんでしたが、プレイは饒舌!まさに職人といった感じのオリジナルのインストゥルメンタル曲の数々でした。
今月末にはライブジュークでワンマンライブも予定されているようなので、聞き逃した方は、ぜひそちらに行ってみてくださいね。

♪上綱克彦
画像
画像

ご存知Jiveの大御所上綱さん。今日はYMCAで開催されたシンポジウム「子どもたちの未来を考える『震災・原発そして復興』」というイベントに行かれてたらしく、そこで感じたことを演奏前にまず語られました。「広島は被爆地として、原発事故の被災地福島に対して同じ思いで何かアクションを起こしていくべき」といつになく強い調子で熱く話される上綱さんの言葉には胸を打たれましたね。だんだんと薄れていく被災地への思い。311から半年経った今こそ、また気持ちを新たに応援して行かなくちゃいけないんだなと改めて思いましたね。上綱さんの歌もゲストのYu-miさんの歌も温かかったです。

そして最後に上綱さんが出演者全員をステージに呼んで下さり、全員で『上を向いて歩こう』を歌いました。
画像

これはジャイブで開催されているチャリティライブでいつも上綱さんが歌われている歌だそうですが、「1人ぼっちの夜」を「1人ぼっちじゃない」に変えて歌いながら、やっぱり温かい気持ちが胸にあふれてくるのを感じました。


そんなわけで、ジャイブのセプコンも事故もなく大成功のうちに終わりました。
個人的には、震災チャリティーのスヌーピー募金箱がさみしく忘れられていたことが残念でしたけど・・・(笑)。
それはそれで仕方ない、ということで私は個人的にどこかにこの感謝の気持ちを寄付しようと思ってます。

毎年このイベントのために会場を提供して下さるJiveの上綱さん始めスタッフの皆さん、そしてそれぞれ忙しい中やりくりしてライブに出演してくださった出演者の皆さん、そして何よりこのセプコンの会場に足を運んで下さったお客さまお一人お一人に心から感謝します。

過去のセプコンに出演下さった方、毎年ご出演下さる方、行き届かない私の失礼も大目に見ながらつきあって下さる方々。本当にありがたいなあ、と毎年思います。
これからもこのセプコンを通じて出来たご縁を大切にしたいと思っています。
どうぞ宜しくお願いします。


記事へトラックバック / コメント


2011セプコンレポ2日目〜大野体育館

2011/09/11 18:18
続いてはセプコン2日目のレポです。
まずはお昼から開催の大野会場のセプコン。
こちらもakiちゃんがレポしてくれました。
ゆっくり読んで下さいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この日も朝からカッと太陽が照り付け、暑い一日となる予感からスタート。
会場は大野市民体育館の卓球場ですから、ライブが出来る状態にしなくてはなりません。
花見堂さんが持っているPA器材と市民センターにある器材をお借りして、朝9:00から会場の設営が始まりました。(ですが私は10:00に行ってしまいました・・・ごめんなさい。)
画像

クーラーがない中、卓球場の窓を開け、大きな扇風機を三台回し、水分補給をしながら、椅子を運んだり、器材を運んだり。
もともと10年くらい続いた大野市民センター音楽祭りに、セプコンをくっつけさせてもらったのが去年。会場を長年使用していらっしゃる船倉さんたちが段取りをしてくださって、今年も有り難く一緒にさせていただきました。

器材チェックが無事完了し、2日続けて司会進行の船倉さんから、セプコンについての説明後、スタート!
では、出演して下さった皆さんのライブを簡単にレポートします〜

♪かざぐるま
画像
画像

広島で結成されたこの「かざぐるま」は沖縄民謡や三線を勉強している総勢7名からなるグループ。
三線、太鼓、ギターや口笛を独特のリズムで演奏されていました。「島人の宝」では曲の合間に「スイッスイッ」とか「イーヤーサーサー!!」と客席から合いの手が。最後の曲ではみんなが立ち上がり、腕を上に上げてリズムに乗って踊りました。今後の活動はデイサービスなどで皆さんと触れ合いながら楽しく演奏活動していきたい、と語ってらっしゃいました。

♪Girl Hood
画像

作業服で登場した地元宮工生4人組バンドのGirl Hood。Girl Hoodの意味は「少女時代」だそう。結成1年めの高校2年生女子の登場で、会場は暖かい雰囲気になりました。この日のために一生懸命練習したという「小さな恋のうた」では「歌詞がこのイベントや平和と関係していると思います」と語っていて、考えて選曲したんだなぁと思いました。曲が終わる度にホッとした顔をして、会場から拍手されると嬉しそうな笑顔に変る彼女達は本当に輝いていました。

♪凛祈煌
画像

女子高校生4人の後はザ・男トリオ(!?)。色白でホリの深いボーカルが歌いだした歌は、男っぽーく浜田省吾の「アメリカ」。「夏の終り」「Big Boy Blues」「サイドシートの影」と続き、観客から拍手が起こるシーンも。曲を知っている人が小声で口ずさみながら、バンドと一緒に歌いっていました。最近3人になったそうで、急な編成が大変だったと思います。そんな中で参加して下さり、ありがたく感じました。

♪河村智治
画像

バンドスタイルが多い大野会場で、唯一のアコースティック弾き語りオリジナル曲で参加!丁寧に、曲を届けてくれました。「手をつなごう」などの優しい詩を、じっくりと会場全体が聞き耳を立て、聴いていました。声を張り上げても、弾き語りだからか会場に声が回って、いい具合になっていました。GW以降、ギターを弾いてない、というほど日常が忙しい彼ですが、合間をぬってライブをして欲しいですね。

♪ALEAK
画像

木村カエラのKAELAを逆さまにしたら、ALEAK。バンド名をそこから付けたというセンスを引っさげて登場のコピーバンド「アリーク」。歌では思いっきり歌っていたあっこちゃんですが、MCではとってもスロー。そのギャップが面白かったです。お友達も市内から応援に駆けつけ再前列でガヤ付き応援(笑)。そしてギタリストKazunobu君による、この日初の「激情型!モニターに片足掛けながら奏法」が出ました。バンドメンバーが仲良しな感じが印象に残ったバンドでした。

♪BACKKINGAM
画像
画像

大野市民センターで音楽祭りを始めたときからずーっと11年間出演している彼ら(メンバー入れ替えありつつ、も。)。ジャンルはオリジナルでブリティッシュ系のロックです。彼らの作る曲はまどろみの中で、1つの事柄を深く掘り下げて、じっと見つめているような感じです。本番が始まる前、ドラマーは柔軟をしっかりして準備をしていたし、今回裏方でも協力してくれた真面目な彼らは、独自のスタイルを持っていて、それを貫く姿勢は凄いなーと感心しました。

♪1969
画像

バンド名通り、全員が1969年酉年生まれの同級生。このバンドはドスッ!とした印象が残りました。それぞれがもともとバンドなどをしてらっしゃったのか、慣れていて余裕がある感じです。全員で曲を理解し、表現し、丁寧に演奏してらっしゃいました。「満月の夕」では、ジワジワと一曲を作り上げて、観客もじっと歌詞を聞いている様子でした。結成初ライブらしいですが、ステージングも考えてるなーと感じ、とてもそうは見えませんでした。

♪SEA AND SKY
画像

大野会場のトリを飾ってくれるのは、昨日・今日とずっと司会進行をして下さった船倉さん所属のバンド、SEA AND SKY。ボーカルかなちゃんのよく通る歌声でいきなりSuperfly「Alright!」!!客席の空気を一気に変えました。超早い曲「仮面ライダーオーズ」では、出ました、タオル回転☆始終楽しいステージで、トリなこともあり、出番が終わったみんなで観戦しました。かなちゃんが尾道に行き、「チャイダー」なるお茶とサイダーで出来た飲み物を考案した人が「人と人を繋げるように」との願いでそれを作ったと知り、「音楽と一緒だなぁ、と思った」と話してくれました。

Mr.トーマスでもそうだったのですが、参加してくださった方それぞれが色んな思いで参加してくれていると知り、嬉しかったです。そして、それを実際に口に出して伝えてくださったことも。
広島に住んでいると「平和」という言葉に敏感になりますね。司会進行役の船倉さんが「毎日、人に言えないような嫌なことは誰にでもどんな形でもあって、でもそんな時、1人1人の中にある小さな幸せ、例えばそれが家族だったり、仕事での出来事だったり、友達だったり、音楽だったり趣味だっだりして、その一つ一つを拾い集めて握りしめて、嬉しさ楽しさの大きな幸せに変えてまた、何かを誰かに発信していけたら、それが平和へと繋がっていくんじゃないかなと思います。」と最後に語りかけて下さいました。

今日もとても楽しく、そして意義のある一日になりました。
最初に書いたように、何もない場所でステージを作るのは大変です。
皆で協力して一から作り上げなくてはライブが出来ません。
この場所での段取りを一から十までしてくださっている船倉さんSEA AND SKYメンバー、機材を朝早くから運んでくださり、ライブの間中ずっと付きっ切りでPAしてくださってた花見堂さん、出演者の皆さん(と家族の方々)、足を運んでくださった皆様、大野市民センターの方々、Mr.トーマス同様、作業補佐をしたmassくん、転換時のセッティングお手伝いしてくれた出演者の面々、頑張れーって念を送ってくれた方々、全ての関係者の方、本当にありがとうございましたー(^0^)
Mr.トーマスもですが、子供たちがワーワーと出入りしている大野体育館会場は、それだけで平和を感じますね。
11日日曜日、昼間部門「大野体育館」、怪我もなく大成功に終了です!!

(写真と文 akiちゃん)
記事へトラックバック 1 / コメント 0


2011セプコンレポ1日目〜Ry's BAR 花Club

2011/09/10 23:55
同じく、セプコンレポ。
こちらは9月10日夜の部。呉のRy's BAR 花Clubのセプコンレポは、会場担当のMAN3のブログからまるごと拝借します。
MAN3の人柄の溢れたレポートをぜひお楽しみ下さい。
写真は管理人の私(マリ)が撮ったものと、MAN3が撮ったものと混じってます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

THE SEPTEMBER CONCERT 呉 花Club会場 初日、大成功のうちに終了いたしました。

では、軽くレポします。

Mitsukiちゃんを呉駅でピックアップして、花Clubへは12:00過ぎに到着。
ほどなくして、写真スライドショーの協力をお願いしとったたかちゃんも到着。

まずは、スライドショー用のロールスクリーンの取り付けから・・・て、まだ付けてなかったんかぃ?(笑)
ロールスクリーンは、まずは取付金具を、ステージの天井に木ねじで取り付けるんでじゃけど、天井が意外と硬く、かなり苦戦。
この時点ですでに汗だく(苦笑)
そんな中、長身のジョセフ登場で、二人でグイグイねじを回したけど、ぜんぜん埒が明かず・・・。
ふと、今朝見た新聞チラシに、ハウディで電動ドリルを安売りしよることを思い出し、花ClubのマスターRyoちゃんと買いに行って、早速使ってみたんじゃけど・・・・

手で回すより弱い orz

安い電動ドリルは使えませんよ、奥さん。
値段に惑わされて買わんようにね。

しょうがないんで、短い木ねじで取り付けた ← なんでこれを最初からせんかったんじゃろう・・・?

その後、たかちゃんが職場から借りてきてくれたスライドショー用のプロジェクターのセッティングをしたりしよったら、続々と出演者が集まってきてくれて、会場設営を手伝ってくれました。

そこへ、汗だくでPAのトミー君登場。
朝、ツイートで「今月は超貧乏人のオイラ。今日はこれから怒涛の移動をしようと思ってます(^^;; さて、どうなることやら( ; ; )」とか書いとったんで、どうやって来たん家と思ったら、なんと自転車で来たと。
え?トミー君、家、宗徳高校の近くじゃったよね?Σ(゚д゚;)
どうりでなんか10歳ぐらい歳とったような表情になっとる思うたわ。
しばし休憩と給水を取った後、PA準備をしてリハ開始。

今回、ばぶだち from denebさんが、自分らの機材とともに、PA機材で必要そうなものを色々持ってきてくださったんで、すんごい助かりました。

リハは、その『ばぶだち from deneb』さんからスタート。

その後、三々五々、出演バンドの皆さんが集まって来て、淡々とリハをこなしていく。
さすが百戦錬磨の出演者の方たちなんで、リハ滞りなく時間通りに終了。

本番までの間に、出演者の皆さんは、フライケーキを食べたり、花Clubのカレーを食べたり、思い思いに過ごしとりました。

個人的には、この緊張感とリラックスが入り混じった時間がすごい好きです。

17:20を少し過ぎて、いよいよ本番。
メインMCの並木ちゃんと俺とでご挨拶。
実は、スタートのきっかけを決めてなかったんで、二人でモジモジしながら「どうする?どうする?」とか言いよったんじゃけどね(笑)

1番手は『Innocent Beans』さん
画像

洋楽カバーを、絶妙のハーモニーで聴かせてくれました。
カバー曲の選曲が、俺的にはツボでしたね〜。

画像

後半は、ガットギター2本で、ラテンのインスト。
ガットギター持ったら、やっぱりこういう曲やりたいよね〜!って感じの、めっちゃカッコエエ曲でした。
一緒に聴きよったジョセフと、『この曲譜面にしたら、オタマジャクシで真っ黒になるぐらい音数あるね』と、妙な感動の仕方をしながら聴きよりました。

2番手は『M&J』さん
画像

11日のセプコン&いちいちコンサートの主催者のみかさん(M)と、花ClubのマスターJack-Ryo2さん(J)のデュオ。
自分の経営する店でライブができるってのは、俺敵にはすごい憧れです。
軽妙なMCと迫力のボーカルとしっとりしたピアノと時々ビール(笑)
面白いステージでした。

3番手は『Southside Brothers』さん
画像

セプコン常連ですね。(多分)
俺がセプコンに出る時は、たいてい一緒に出演しよります。
安佐南区から駆けつけて、ブルースで会場を盛り上げてくれました。

このころから、並木ちゃんのMCがヒートアップ。
いつもの並木節が炸裂しはじめて、MCでおいしいところを全部持って行ってました。
セプコンが盛り上がるのは、並木ちゃんのMCによるところが大きいんじゃないかと思います。
てか、間違いなく並木MCのおかげですな。

4番目はスライドショー

最初は、風景写真を流そうかと思いよったんですが、色々考えた末、セプコンの趣旨とリンクさせて、東日本大震災の現地の写真と、呉のミュージシャンの復興支援活動を紹介するムービーを流させてもらいました。
たかちゃんにお願いして集めてもらった、被災地の写真は、かなり衝撃的じゃったんじゃけど、まだまだ被災地の人たちは、普段の生活に戻ってない。
そのことを忘れて欲しくないので、ありのままの姿の写真を使わせてもらいました。

5番手は我らが『Long Distance Call』
画像

今回は、新曲を含めて、5曲演奏させてもらいました。
PAの具合もよかったし、会場の雰囲気もよかったし、演奏がすっごい楽しかった!
前日の睡眠不足でナチュラルハイになっとったせいもあるかも知れんけど、なんかとにかく楽しくてしかたなかったです。
客席の皆さんからの手拍子がすっごい嬉しかったね〜。
盛り上げて頂いて、ホンマにありがとうございました。

6番手は『ばぶだち from deneb』さん
画像

にぎやかな編成ですばらしい音を奏でてくれました。
歌も演奏も「なんでプロデビューしてないんじゃろう?」(花Club 良ちゃん談)ってぐらいハイクオリティーでした。
ちなみに、バブさんの本名は、妙にカワイイのです。←関係ない?(笑)

7番手は『石田賢治&マリ』さん
画像

ご存知セプコン広島の代表で、Peppermint Leafのピアノ&Vocalのマリさんと、若手のボーカリスト石田賢治(ジョセフ)のデュオ。
ジョセフのオリジナルが、いちいちツボで、このままCDになったら俺絶対買いたいぐらいの名曲でした。
若いのに・・・なんでこんなにセンスがエエんじゃろう・・・悔しいっす(苦笑)
マリさんのピアノ(ALESIS)の音が、いつも以上にエエ音でした。
マリさん、ピアノ買い換えるとか言いよったけど、もったいないかもよ。

そしてトリをかざる8番手は『MIND THE GAP』さん
画像

それぞれメジャーな場所で活躍している山本さん(Vocal)とRYO-SUKEさん(Guitar)のデュオ。
このユニットも、いっそメジャーデビューすればエエのにと思わせるようなクオリティーでした。
これ、タダで聴いてもエエんかね?ってぐらいですよ。
Off Courseと尾崎豊のカバー、涙モンでした。
あのぐら歌えたらさぞかしキモチがエエじゃろうな〜。
RYO-SUKEさんのつぶらな瞳が印象的でした(笑)

画像

そして最後は、出演者全員で、セプコンのテーマ『You Can〜愛の国』を大合唱。
いつもじゃけど、この曲を歌いよる時って、自分の中から、なんか力が沸いてくるというか、なんというか、不思議な状態になるんよね。
音はハズしとったかも知れんけど、思い切り歌わせてもらいました。

以上で、セプコン初日・呉 花Club会場は、大成功でした。

正直、最初に呉会場の世話役をお願いされた時は、東京で生活しながら、ホンマにできるんじゃろうか?と不安じゃったんですが、出演者、花Clubのスタッフの皆さんをはじめとして、沢山の人ちの協力によって、大きなトラブルも無く、無事に・・・というか大成功のうちに終了することができました。

これだけの出演者が出るライブをと知りきるのは、ホンマに大変ではあったけど、会場に来てくださったお客さんや、出演メンバーが、みんな楽しそうにしてくれとる姿を見ると、そんな苦労も吹っ飛びました。

最後になりましたが、、、、

花Clubのマスター Ryoちゃん&スタッフの皆さん
出演バンドの皆さん
司会の並木ちゃん
楠木町から自転車で来てくれたPAのトミー君
写真やプロジェクターを準備してくれたたかちゃん
世話役代表のマリさん
フライヤーを作ってくれたり色々連絡をしてくれたakiちゃん
遠距離活動でなかなか都合の合わん中、家事と仕事をやりくりして練習をしてくれたMitsukiちゃん
会場に来てくださったお客様・Ust中継を見てくださった皆さん

本当にありがとうございました!!

(写真:MAN3&マリ 文:MAN3)
記事へトラックバック / コメント


2011セプコンレポ1日目〜Mr.トーマス

2011/09/10 23:34
さて、セプコン広島2011、始まりました。
今回はライブレポをみんなで手分けして書いてみました。
まずは1日目の昼の部。
Mr.トーマスのライブレポは、akiちゃんが書いてくれました。
たっぷり、詳しく書いてくれてますので、どうぞお楽しみ下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆっくりと夏の暑さも引いてきて、朝晩は過ごしやすくなってきた9月。
雨予報だったのにもかかわらず、空はお天気、おまけに夏が戻ってきたような暑い気温。
今日は2011年セプテンバーコンサート@広島の第一日。その昼間部門(というのでしょうか)。場所は廿日市市の団地内にあり、地域の皆さんに愛されているWorld Wide Pizza Mr.トーマス。
地元の魚や野菜を使って美味しいPizzaや食事を提供しているお店です。

店内には、たくさんかわいいイラストが書かれてあったり、お子さん連れで食べに来られた方も楽しく気兼ねなく過ごせる場所。
そんなトーマスで今回初めてセプコンを行うことになり、とても楽しみにしていたのです♪
画像

出演は全部で8組。朝早くから皆さん集合してくれて、お店のスタッフも総出でご協力してくださいました。
司会進行の船倉さんからセプコンについての説明後、スタート!

では、出演して下さった皆さんのライブを簡単にレポートします〜

♪Sweet
画像

まずは鮮やかなチャイナドレスを着て登場された吉田さんの二胡演奏。小鳥のさえずりや馬のいななきを表現してくださったり、「チャルダッシュ」や「もののけ姫」などを演奏し、生で二胡を聴くのが初めての方々をはじめ、みんな興味津々でした。二胡は生涯出来る楽器として親しまれてる方が多いそうです。(この日は吉田さんのピアノを他の出演者もお借りしました。ありがとうございました!)

♪虫博士
画像

名前のインパクトが強い虫博士は、花見堂さん=博士・ギター担当、助手=歌い手の早苗ちゃんが白衣を着て登場。シンガーソングライター・イルカさんのカバーが始まるとその独自な世界に引き込まれました。実は早苗ちゃん、オペラ出身の方で、お得意の歌は「椿姫」なのだそうです(少し披露してくれました。それはもう凄かった!)。イルカさんの曲が、お二人にとてもマッチしていました。

♪ABC
画像

ボーカル千恵ちゃんとギターの澤井さんのデュオ。POPSや好きな曲を独自にカバーアレンジ。ボサノバ系あり、しっとり系ありで大人のギターを爪弾いていらっしゃった澤井さん千恵ちゃんはMC船倉さんから「目力が凄いですね」とコメントされていました。「Field Of Gold」の、終始高音で綺麗に歌われる世界感が、稲穂がゆれてるようでとても素敵でした。近々では市内カフェ「R’CAFE」や「Swallowtail」(←ここではまた別のユニット)にてライブされるそうです。

♪エミリー
画像

ピアノ弾き語りで参加してくれたエミリーも会場のみんなの心を虜にした1人です。
彼女はジャズが大好きで、色んな演奏者と組んで歌を歌っていたのですが、ピアノで弾き語りをしてみたいと思い、本格的に取り組み始めたのは1年前。詩の世界や曲の美しさを彼女なりに表現しており、とても暖かいステージでした。彼女は今後も広島市内を中心に色々なライブハウスやお店で「佐伯絵美」名で出演するとのことです。

♪Flower Seads
画像

ママ友7人で結成された素敵なママたちのコーラスグループ。今日はママたちと一緒に5人の子供たちも大きな声で歌ってくれました。時折手話を織り交ぜ、少し緊張しながら全力で曲を伝え、曲が終わる度にどんどん元気良く、笑顔も弾け、最後は拍手喝采で終わりました。Flower Seadsの名前の由来は、「私たちが歌を届けて、私たちの歌で、1人でも笑顔の花が咲くように」という意味があるそうです。

♪Taka
画像

オリジナルを沢山作っているTakaさんのギター弾き語り。本番で喉を暖めつつ弾き語るTakaさんのステージは、掴み所のない、でも何故か引き込まれるものでした。時々、「To Be With You」などのカバーも織り交ぜて真剣に歌い上げて下さいました。私は最後のオリジナル曲が一番印象に残りました。今後もMr.トーマスで開かれるアコースティックなライブやその他でも出演されるそうです。

♪太陽
画像

太陽は藤井くんと岡くんのツインボーカルギターデュオ。毎週土曜日に岩国駅前で弾き語りをしている二人、声量の有る歌声でオリジナルを届けてくれました。柔らかい、男性では少し高い声とその声質よりは少し低い声の2人が上手くハーモニーを奏でています。路上でのライブに慣れている分、お店でライブをするのは逆に緊張するのか、最初はやや照れくさそうに歌っているのが、印象的でした。CDも発売されており、これからもライブ三昧だそうです。

♪イカリズム
画像

イカすリズムを奏でる、「イカリズム」がMr.トーマスのトリを飾ってくれました!このイカリズムは、Mr.トーマスのマスター増本さんが、同じくMr.トーマスのスタッフりょう君と共に楽しくリズムを奏でているユニットです。まずはアフリカ打楽器のアサラトでイカすリズムがスタート!その後、リズムを取りつつビンをくるくると回す芸も披露(映画「カクテル」っぽい感じ)。かと思ったら続いてしっとりとギターと歌でのステージ、カバー曲「僕らをつなぐもの」。会場は引き込まれっぱなしです。
画像

そして最後に世界最古の木管楽器ディジュリドゥとエレキギターの融合曲。不思議な世界感でお腹に響く音でした。こういう原点の音って初めて聴くのにどこか懐かしい気がします。

こうして、8組全員のステージがアッという間に終了しました。
参加してくれた8組の方々はみんなステージ上で自分の思う「平和」を語って下さいました。

一人一人の思いを持って、考えて参加してくれたんだなーと思うと、嬉しかったです。
お店では、しばらく立ったままで文句も言わず、ライブを観て下さった、心優しい外人の方もいらっしゃったりして、この人たちはお店と普段からコミュニケーションが取れているからこそ、なんだなー、愛がある人がいっぱい集う場所なんだ、と実感しました。
こういう場所でセプコンが出来たこと、また出演者やお客さんが声を掛け合ったり、連絡先を交換したり、人と人が繋がっていく瞬間に立ち合ってる自分が役得な気がしました。

10日土曜日、昼間部門「Mr.トーマス」、怪我もなく大成功に終了です!!
お客様、地域の方々、参加してくださった8組の皆さん(とご家族の皆さん)、他の会場での出番前に観に来てくれたマリさんとヤスシさん、PA担当花見堂さん、作業補佐massくん、司会進行の船倉さん、「頑張れーっ」て、念を送ってくれた方々、そしてそして大好きなお店になったMr.トーマスの、素敵な店長さんとスタッフさん!!
本当にありがとうございましたー(^0^)

(写真と文 akiちゃん)
記事へトラックバック / コメント


出演者紹介(タイムテーブル)

2011/09/08 08:33
いよいよ、今週末からセプコンですよ。
ぜひお近くの会場へ、あるいはちょっと足を伸ばして遠くの会場へライブを観にきてください。
出演者一同心を込めて平和の音楽を演奏します。



9/10 Mrトーマス
  (広島県廿日市市福面2−7−28−1F TEL 0829-56-3456)
11:00 セプコンスタート
11:10 Sweet・・・二胡の演奏
11:40 虫博士・・・不思議デュオ
12:10 ABC・・・深い歌声のボーカルとダンディーなギタリストのDuo

12:40 Flower Seads・・・ママさんコーラスグループ童謡アニメポップスゴスペルまで!!
13:10 エミリー・・・ジャズに夢中な素敵女子、最近は弾き語りに挑戦してます
13:40 Taka・・・弾き語りです

14:10 太陽・・・弾き語りのデュオ。オリジナ多数あり。楽しいです

14:40 イカリズム・・・アフリカの民族楽器アサラトとギターのコラボ
15:10 終了予定

-------------------------------------------------

9/10呉 Ry’s BAR 花CLUB
   (広島県呉市中通3丁目6−1新原中通ビル3F TEL 0823-25-0087)
17:20 セプコンスタート
17:30 Innocent Beans・・・70年代フォークからギターインストまでをアコースティックで
18:05 M&J・・・迫力のあるルックスとボーカルが魅力です
18:40 Southside Brothers・・・ブルースロックを自分たち流でカバー!
19:15 写真スライドショー・・・写真愛好メンバーによる写真紹介
19:40 Long Distance call・・・心に響く音楽を。歌とギターのDuo
20:15 ばぶだちfrom deneb・・・バンドから派生したユニット、盛り上げます!
20:50 石田賢治&マリ(Peppermint Leaf)・・・オリジナル中心。アコースティックで届けます。
21:25 MIND THE GAP・・・本格派ボーカルDuoユニット
22:00 終了予定

-------------------------------------------------

9/11 大野町体育館2F 柔道剣道場
  (広島県廿日市市大野1328)
12:00 セプコンスタート

12:10 Girl Hood・・・高校生バンド!!

12:40 かざぐるま・・・三線で奏でる音楽の数々

13:10 凛祈煌・・・硬派な3ピースバンド

13:40 河村 智治・・・アコースティックの弾き語り歌うことが大好きです。聞いてくれるすべての人の為に、心に届くように感情、気持ち一杯に歌います。
14:10 ALEAK・・・ラブ&ピースな木村カエラの大人コピーバンド!
14:40 BACKINGHAM・・・3ピースロックバンド雰囲気のあるロック
15:10 「1969」・・・同級生ロックバンド
15:40 SEA AND SKY・・・今年もマルッとスカッと、大人バンドなシースカです!

-------------------------------------------------

9/11 LIVE Cafe Jive
   (広島市中区薬研掘2−13 TEL 082-246-2649)
17:00 セプコンスタート
17:05 スナハラトモヤ・・・ギター弾き語り。
17:40 下定トリオ・・・ボーカルとギターとパーカッションのトリオ。
18:15 Peppermint Leaf・・・オリジナルのオーガニック系バンド。
18:50 佐藤弘之&紫藤博子・・・大ベテランのコーラスグループ。
19:25 因幡由紀&小田原政広・・・ボーカルとギターの癒し系デュオ。
20:00 soe:col(スイクル)・・・ジャズを基本にしたオリジナルバンド
20:35 上綱克彦・・・おなじみJIVEの大御所。
21:00 終了予定

-------------------------------------------------

9/11 呉 Ry’s BAR 花CLUB
   (広島県呉市中通3丁目6−1新原中通ビル3F TEL 0823-25-0087)
19:00 セプコンスタート

  MAN3
  楠美月
  檜垣雅子&MINORI
  Sassan
  NASHICA
  花鳥風月withサウンドシャワー
    (タイムテーブル詳細未定)
20:30 終了予定

-------------------------------------------------

9/17 岩国フジグラン屋上(雨天の場合は6F催し物会場)
  (山口県岩国市麻里布町2−9−8)
12:00 セプコンスタート
12:10 心愛・・・女の子デュオ。綺麗な歌声です
12:40 Harbor Seal・・・某水族館の関係者トリオゆるい音楽で楽しませてくれます
13:10 MAMI・・・カントリー系ミュージックを書弾き語ります

13:40 セイウ・・・ゆる〜く、お届けの歌とギターのDUO

14:10 citrus liqueur blend・・・男女のデュオふたりのボーカルは聴きごたえあり!!

14:40 Sassan・・・ステージングや曲全てにおいて見どころたくさんです。ソロ
15:10 終了予定

-------------------------------------------------

記事へトラックバック / コメント


<<  2011年9月のブログ記事  >> 

トップへ

セプテンバーコンサート広島 2011年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる